大阪府茨木市の夏を華やかに彩る花火大会とは

大阪府茨木市の夏を華やかに彩るお祭りのひとつに、辯天宗夏祭奉納花火大会があります。茨木市内にある辯天宗冥應寺の境内
で催されるこのイベントは昭和31年にはじまり、宗祖智辯と地元市民にも夏の風物詩である花火をともに楽しませたいと願う創始者の立案のもとはじめられたのが最初です。その後、年を経るごとにこの花火大会は成功を収め、2013年度には第58回目の開催を迎えることとなりました。3000発もの優美な花火を見物しようと、昨年は8万人の来場があり、花火のほかにも踊りや音楽の奉納も楽しめるイベントです。特にイベントの最後に催されるスターマインと呼ばれる速射連発花火は夜空に美しく舞い、見る人を感動させます。宗紋であるキキョウの花をイメージした珍しい花火なども人気のひとつです。この花火大会に徒歩で来場の場合には、JR茨城駅から近鉄バスに乗車し茨木弁天で下車してすぐの場所にあります。無料で見物できるので、家族連れやカップルにも人気の
夏のイベントです。